インプラント 大阪 市【小室歯科】大阪インプラント入れ歯 / 歯がないところをどのようになおせますか

HOME | サイトマップ
歯がないところを、どのように治せますか?
インプラントとは
インプラントの構造
インプラント治療の流れ
小室歯科のインプラント治療
複数プランを提供します
シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います
サージカルガイド
手術回数を少なくします
治療期間を短くします
抜歯即時インプラント
即時荷重インプラント
最新の技術を取り入れています。
GBR(骨再生誘導法)
サイナスリフト
ソケットリフト
スプリットクレスト
ショートインプラント
審美インプラント
OAMシステム
静脈内鎮静法
静脈内鎮静法の流れ
インプラントQandA
小室歯科の入れ歯治療
違和感のない入れ歯
金属床
見栄えの良い入れ歯
アタッチメント義歯
ホワイトクラスプ
ノンクラスプデンチャー
インプラントとの組合せ
総入れ歯でもインプラントはできるの?
磁石を利用したインプラント
ロケーターアタッチメント
ミニインプラント
入れ歯QandA
リンク集
歯がないところをどのようにして治せますか
歯が抜けた時の一般的な治療法
ブリッジとは?
入れ歯とは?
インプラント治療とは
歯が抜けたときの一般的な治療法
歯がない部分の治療法としては、これまではブリッジや入れ歯が一般的でした。しかし、
ブリッジにしたら、虫歯でない横の歯まで削るといわれてしまった
ブリッジの歯がない部分に物が挟まる
長年使っていたら、ブリッジの土台の歯がむし歯でやられてしまった
入れ歯は取り外しがわずらわしいし、格好が悪い
入れ歯のバネが入る歯が次々にぐらついてくる
などの理由で、十分に満足されていない方もおられるのではないでしょうか?
この様な、これまでのブリッジや入れ歯の欠点を補ために、インプラント治療が最近では市民権を得てきています。
これらの治療法は、それぞれ利点と欠点があり、患者さんの歯の欠損の量、骨の状態、全身状態などによって最適な選択は変化します。そこで小室歯科では、よく患者さんと話し合った上で、いろいろな治療法の中からベストなものを探っていきます。
ブリッジとは
歯の抜けたところの両隣りの歯を削り型取りをして、抜けた歯の部分に橋をかけるようにブリッジで固定をする治療法です。
メリット
セラミックなど白い歯であれば見た目がきれい
噛みごたえがよい
デメリット
天然の歯を固定源とするため抜けた歯の隣りの健康な歯を削らなくてはならない
抜けている歯が多い(連続して3〜4本)と適用できない
入れ歯とは
歯の抜けたところを型取りして、取り外し式の人工の歯を作ります。動かないように、クラスプ(ばね)やアタッチメントで残りの歯や粘膜で固定します。
メリット
歯を削る量は、わずか
歯が多く喪失した場合でも適用可能
デメリット
噛みごたえが悪い
食べ物が入れ歯の下に入ったりする
固い物は咀嚼しにくい場合がある
噛むと歯ぐきが痛むことがある
バネなどが見えると見た目が悪い
インプラント治療とは
歯が抜けた後のあごの骨に、手術によって金属製(通常チタン製)のボルト状の人工歯根 ”インプラント” を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せる治療法です。
メリット
見た目がよく、天然の歯とほとんど同じ
噛み応えがよく、天然の歯とほとんど同じ
日頃の手入れも天然歯と同じだから、簡単
健康な歯を削る必要がない
噛んでも歯ぐきに痛みはない
デメリット
外科手術が必要
手術には神経マヒや上顎洞炎などを偶発する手術の危険が伴う
治療が長期間かかることが多い
保険が適応されない
ブリッジ 入れ歯 インプラント
支えとなる歯を削ります 咬んだ感じが不十分になりやすい ブリッジや入れ歯の欠点を補います
インプラントや入れ歯の無料相談メールです。
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 TEL 06-6623-2401
HOME | 歯がないところを、どのように治せますか? | インプラントとは | 小室歯科のインプラント治療 | インプラントQandA | 小室歯科の入れ歯治療 | 違和感のない入れ歯 | ミニインプラント | 見栄えの良い入れ歯 |ノンクラスプデンチャー |診療システム | アクセス | シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います | 手術回数を少なくします | インプラントとの組み合わせ | 最新の技術を取り入れています |ショートインプラント| 審美インプラント | 体験談 患者様の声|資料 | 無料メール相談 | リンクページ|院長ごあいさつ|