インプラント 大阪 市【小室歯科】大阪インプラント入れ歯 / インプラントとは

大阪 インプラント 入れ歯 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 近鉄百貨店阿倍野店5F TEL 06-6623-2401 小室歯科 Komuro Dental Clinic
HOME | サイトマップ
歯がないところを、どのように治せますか?
インプラントとは
インプラントの構造
インプラント治療の流れ
小室歯科のインプラント治療
複数プランを提供します
シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います
サージカルガイド
手術回数を少なくします
治療期間を短くします
抜歯即時インプラント
即時荷重インプラント
最新の技術を取り入れています。
GBR(骨再生誘導法)
サイナスリフト
ソケットリフト
スプリットクレスト
ショートインプラント
審美インプラント
OAMシステム
静脈内鎮静法
静脈内鎮静法の流れ
インプラントQandA
小室歯科の入れ歯治療
違和感のない入れ歯
金属床
見栄えの良い入れ歯
アタッチメント義歯
ホワイトクラスプ
ノンクラスプデンチャー
インプラントとの組合せ
総入れ歯でもインプラントはできるの?
磁石を利用したインプラント
ロケーターアタッチメント
ミニインプラント
入れ歯QandA
リンク集
インプラントとは
インプラント(人工歯根)治療
インプラントの構造
インプラントの流れ
歯を抜いた後、欠損した歯を補う方法としては、これまではブリッジや入れ歯などが一般的でした。しかし、
ブリッジにしたら、虫歯でない横の歯まで削るといわれてしまった
ブリッジの歯がない部分に物が挟まる
長年使っていたら、ブリッジの土台の歯がむし歯でやられてしまった
入れ歯は取り外しがわずらわしいし、格好が悪い
入れ歯のバネが入る歯が次々にぐらついてくる
などの理由で、十分に満足されていない方もおられるのではないでしょうか?
この様な、これまでのブリッジや入れ歯の欠点を補うのが、インプラント治療なのです。
インプラント 人工歯根 治療
インプラントとは、失われた歯の根の部分の代わりをするチタン製の小さな人工歯根のことで、これを顎の骨の中に入れ、その上に人工の歯をしっかりと固定するという治療法です。インプラント治療によって歯の欠損を修復すると、取り外しの入れ歯の異物感から解放され、もとの自分の歯とほぼ同じようにものを噛むことができます。
 
また、歯が一本もない場合にもインプラントで義歯がしっかりと固定され、従来の入れ歯でよく問題となった「すべり」や「ずれ」による食物の介在による痛みも解消されます。インプラント義歯によって噛む能力(咀嚼機能)が回復すると、バランスの取れた食事もとれるようになり旅先や人前においても気兼ねなく食事や会話が楽しめます。
インプラントの利点というと、この様になります
1. 自分の歯と同じようにしっかり噛める
2. 取り外しの必要がない 臭くなりにくい
3. 隣の歯を削る必要がない、さらに隣の歯に負担をかけない
4. 自分の歯と同じような色や形に仕上げることが出来る
>>小室歯科のインプラント治療に関する最新情報は、こちら
インプラントの構造
[1] インプラント体(フィクスチャー)
インプラント本体で、骨の中に埋め込まれ、咬む力を支える部分。歯でいうと、根の部分です。
酸化チタンでできている。表面の形であるとか、性状は、日々進歩していて、各メーカーがしのぎを削っています。
[2] アバットメント
インプラント体の上に置かれ、インプラント用の歯を支える部分。ほとんどの場合はインプラント体と同じく、酸化チタンでできています。しかし、最近では見た目を追求して、セラミック製のものも使われるようになりました。
[3] 上部構造物(人工の歯)
アバットメントの上に作られる人工の歯。歯でいうと、”かぶせもの”の部分です。セラミックや、レジン(プラスチック)で作られる。
[4] スクリュー
インプラント体とアバットメントを固定するためのもの。
インプラントの流れ
1. カウンセリング
あなたの歯とお口に対するご要望や悩みをお聞きし、お口の状態を調べます。
2. 検査、診断
インプラントの治療においては術前の診査と治療計画がとても大切となります。
インプラントを植える(植立する)骨の量、質、粘膜の状態だけでなく、糖尿病や心疾患などの全身検査も不可欠となります。
 
虫歯や歯槽膿漏歯がある場合はインプラント手術前にきちんと治療しておかなければなりません。
手術前までには、正しい歯のみがき方の訓練と歯石の除去が必要となります。手術前後に、保存不可能な歯の抜歯や歯科矯正治療が必要となる患者さんもおられます。 
3. 手術の準備
インプラントの植立前には歯の型をとり、最終的な出来上がりの状態を模型上で再現し、残っている骨の状態をレントゲンで詳しく調べます。
患者さんによってはCT写真分析などで、さらに詳細な検討を加えます。
 
これらの資料を参考としてインプラント埋入位置、上部構造の様式、骨移植などの必要性を診断します。
診断結果は、模型、コンピューター画像を見ていただきながら、患者さんに説明いたします。
4. インプラント埋入
インプラントを、顎骨の理想的な位置に植立します。手術は、外来手術で行い、埋め込む本数が1〜2本であれば、約60分くらいです。麻酔などの時間を入れても長くて2時間くらいです。本数が多い場合や、特殊な処置を施す場合は、30分くらい多めにかかる場合もあります。
 
麻酔は、浸潤麻酔を行います。浸潤麻酔は歯を抜いたり、神経を抜く際にも用いるものです。ごく一般の歯医者さんの麻酔とお考えください。よく、大変ですかと聞かれますが、親知らずの抜歯程度の大変さだとお考えいただければいいかと思います。
 
麻酔は、2〜3時間で切れてきます(ただし、個人差があります)し、抜歯とは違い、炎症がない骨に、滅菌レベルの非常に高いものを埋める手術ですので、1〜2本のインプラントの手術では大きく腫れることは少ないです。ですので、軽いお仕事であれば問題ありません。しかし、当日は出来るだけ安静にし、もしも腫れたりしたときのために、重要な御用事や、お酒を飲むご予定は避けられたほうがいいです。
 
たくさんインプラントを入れた場合や、大きく骨を触った場合は腫れることもあります。ただ、腫れたとしても、それは、ばい菌が感染して腫れたとかいった悪い腫れではなく、外科的な刺激(侵襲)を加えたことに対する反応性の炎症としての腫れですので、心配はいりません。
 
手術後は、縫合部の治癒を約2〜3週間待ち、その後には、仮の義歯を調整して使用します。
インプラントと骨がなじむ(治癒する)には、通常2カ月からから8ヵ月程度の治癒期問を必要とします。しかし、この期間は材料、技術の進歩によりどんどん短縮されてきております。
5. アバットメント連結(二次手術)
インプラントが骨結合したら、ヒーリングアバットメント(粘膜貫通部品)を連結します。
この状態で歯肉や軟組織が治癒するのを1週間から6週間程度待ちます。
この手術は、患者さんによっては、行わなくても良い場合があります。
6. インプラントの作製と装着
歯肉が治癒した後で、義歯を作製するための型をとります。なお、型を取る回数や通院回数は患者さんにより異なります。
歯の形や色を決め、上部構造を人工歯根に固定します。
 
インプラント義歯の作製は、通常の天然歯をつなぐブリッジと異なり極めて精密に作製することが要求されます。このためインプラント義歯の作製には通常1ヶ月半から2ヶ月を必要とします。
インプラントや入れ歯の無料相談メールです。
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス近鉄本店8F 小室歯科 TEL 06-6623-2401
HOME | 歯がないところを、どのように治せますか? | インプラントとは | 小室歯科のインプラント治療 | インプラントQandA | 小室歯科の入れ歯治療 | 違和感のない入れ歯 | ミニインプラント | 見栄えの良い入れ歯 |ノンクラスプデンチャー |診療システム | アクセス | シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います | 手術回数を少なくします | インプラントとの組み合わせ | 最新の技術を取り入れています |ショートインプラント| 審美インプラント | 体験談 患者様の声|資料 | 無料メール相談 | リンクページ|院長ごあいさつ|