インプラント 大阪 市【小室歯科】大阪インプラント入れ歯 / 30代 患者様の声

小室歯科 Komuro Dental Clinic
HOME | サイトマップ
歯がないところを、どのように治せますか?
インプラントとは
インプラントの構造
インプラント治療の流れ
小室歯科のインプラント治療
複数プランを提供します
シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います
サージカルガイド
手術回数を少なくします
治療期間を短くします
抜歯即時インプラント
即時荷重インプラント
最新の技術を取り入れています。
GBR(骨再生誘導法)
サイナスリフト
ソケットリフト
スプリットクレスト
ショートインプラント
審美インプラント
OAMシステム
静脈内鎮静法
静脈内鎮静法の流れ
インプラントQandA
小室歯科の入れ歯治療
違和感のない入れ歯
金属床
見栄えの良い入れ歯
アタッチメント義歯
ホワイトクラスプ
ノンクラスプデンチャー
インプラントとの組合せ
総入れ歯でもインプラントはできるの?
磁石を利用したインプラント
ロケーターアタッチメント
ミニインプラント
入れ歯QandA
リンク集
患者様の声
30代女性の方の感想です
下顎の左右奥歯に、合計3本のインプラントを埋入させていただきました
今回インプラント治療を受けるにあたり、いくつかの不安がありました。
ひとつは、治療そのものに対する不安と、もうひとつは、保険適用外となる高額な費用のことでした。
周りには治療を受けた知人がいないので、体験談を聞いたり、相談することが出来ないので本で調べてみたり、インターネットのサイトで多少の知識を得ることは出来ますが、いまひとつ実感が沸きませんでした。
ですが、ブリッジを取り付ける為に、健康な歯を削らなければならないことを考えると、インプラントへの不安より希望の方が大きくなるのでした。
 
幸いじっくり考える時間をいただき、治療前にいろいろな質問をして検査を受けていくうちに覚悟が決まりました。手術を受けてみて、思っていたよりずっと楽だったので、正直少々気抜けしてしまいました。
麻酔をしているので、もちろん痛みも殆んど無く、出血もそれほど多くなかったのではないかと思います。個人差があるかとは思いますが、むしろ神経の治療をする時の方が、歯を削る時間が長く痛みもあったように思います。
 
手術後も心配するような症状は出ず、これまた親知らずを抜いた時よりも楽だったように思いました。私は痛みに鈍いのか、いずれの治療後もさほど痛みを感じないので、いただいた鎮痛剤は溜まる一方です。
現在治療終了した歯は、以前と変わらず何でも食べることが出来るようになっていて、時々飴や氷をガリガリ噛んでしまい、ふと我に返り気を付けてはいますが、それぐらい自然な状態に戻ったという事でしょうか。
今回2ヶ所のインプラント治療を受けた為、かなり高額な費用が必要となった訳ですが、それだけの出費をするだけに、値するものであるのかということが、不安だっただけにまずは第一段階は突破というところではありますが、真価が問われるのはこれから数年後〜十数年後だと思いますので、少しでも長く続けて行けるように今後もアフターケアーを大切にして行きたいと思います。
30代女性の方の感想です
左下顎に1本のインプラントを埋入しました。
私は、親知らずのせいでその前の歯が虫歯になり、抜かなくてはならなくなりました。
その部分への治療法について、丁寧に色々な治療法があることを説明してもらいました。
 
インプラントが良い方法だろうとは思ったのですが、まだ何十年も使わなくてはいけないし、今後の ことが心配で、先生とよく相談しました。
その結果、インプラントは、その後のケアー次第では、十分長持ちできそうだということことがわかり、思い 切って手術しました。
今のところ、問題もなく、よくかめます。今後も長持ちするよう、ケアーしていきたいと思います。
インプラントや入れ歯の無料相談メールです。
Copyright(c)2008 Komuro Dental All rights reserved.
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 近鉄百貨店阿倍野店3F 小室歯科 TEL 06-6623-2401
HOME | 歯がないところを、どのように治せますか? | インプラントとは | 小室歯科のインプラント治療 | インプラントQandA | 小室歯科の入れ歯治療 | 違和感のない入れ歯 | ミニインプラント | 見栄えの良い入れ歯 |ノンクラスプデンチャー |診療システム | アクセス | シミューレーションソフトにより術前徹底分析を行います | 手術回数を少なくします | インプラントとの組み合わせ | 最新の技術を取り入れています |ショートインプラント| 審美インプラント | 体験談 患者様の声 | 無料メール相談 | リンクページ|院長ごあいさつ|